借入

お金が必要なとき。。

男性

初めまして。。。僕は32歳の男性でヒロキといいます。めでたく昨年結婚させていただきました。。

 

結婚生活は楽しいのですが、一番の不満はお金が自由にならないということですね。お小遣い3万円です・・・。

 

独身時代、自由に使っていた分、このお小遣い制度というのは慣れないですね・・・。ほとんど飲み代に消えていくだけで、好きなものとか買ったりできません。

 

で、どうしてもお金が足りなくて必要なときは、「借入」を利用させていただいています。。困ったときに何度も助けてもらっています。。

 

返済の当てもなく借入を利用するのはよくないですが、返済計画を立てたうえで利用するのならば問題ないですからね。。

 

そこで、当サイトではお勧めの借入先や、借入に関する豆知識を紹介していきたいと思います。借入を利用する際に参考にしていただければと思います。

 

厳選の借り入れ業者

 

アコム

アコム
借り入れ業者としてまずおすすめしたいのが、急いでお金が必要な場合、アコムは非常にスピーディーな対応をしてくれますよ。
来店不要で、最短即日のうちに登録金融機関にお金を振り込んでもらうことができますからね。
むじんくん(自動契約機)ならば、21時まで営業していますしね。ネットで事前に申し込んでおけば簡単です。土曜日・日曜日・祝日でも無人契約機でカードを発行することが出来ます。
あと、キャッシングカードはクレジットカード機能付きのアコムマスターカードも用意されていますよ。海外でも使えます。
≫アコムの申し込み(クリック)

 

みずほ銀行

みずほ銀行
借入するならば銀行から借りるのがいいという方は、みずほ銀行がいいかと思います。みずほ銀行ならば知名度抜群で安心して借入することができますし、商品内容的にも文句のつけようがありません。
一般的に銀行カードローンというのは審査も遅いイメージがあるかもしれませんが、みずほ銀行は銀行にしては珍しくスピーディな対応をしてくれますよ。
銀行が貸し出す借り入れ制度ですので、総量規制対象外となり専業主婦の方も利用することができます。
≫みずほ銀行の申し込み(クリック)

 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行も大手銀行なので安心感ありますね。利用できるATMなども全国にたくさんありますので、地方に住んでいる方も利用しやすいですし、もちろん都心に住んでいる方も利用しやすいカードローンです。
インターネットで申込みしてからローンカードを三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口で受け取るようにしておけば、カードをその日のうちに手に入れることができて、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができます。
あと、月々の返済額が少額に設定されているのも特徴で、例えば10万円借りた場合の返済は月々2,000円からとなっています。これならば無理なく返済していくことができますよね('◇')ゞ
≫三菱東京UFJ銀行の申し込み(クリック)

 

モビット

モビット
モビットはテレビCMなんかでもよく見かけると思いますので知名度がかなり高いですよね。
このモビットではWEB完結申込という申し込み方法が用意されていて、「電話連絡なし」「郵送物なし」で完結できる申し込み方法があります。スマホからもこの申し込み方法を利用することが可能です。
ただ、このWEB完結申込を利用するには三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座開設しておく必要があります。
≫モビットの申し込み(クリック)

 

イオン銀行

イオン銀行
イオン銀行カードローンは専業主婦の方でも利用できるようになっています。専業主婦の方はイオン銀行カードローンがかなり人気が高いですね。なんとなくなじみやすい部分があるのかもしれません。
100万円までならば収入証明書が原則不要ですので手軽に利用することができると思います。
イオン銀行だけでなく、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、コンビニATMなどのATMを使って借り入れや返済を行うことができるので便利ですよ。
≫イオン銀行の申し込み(クリック)

 

ビジネクスト

ビジネクスト
ビジネクストは個人事業主や経営者の方専用の借り入れ制度です。個人事業主、経営者の方人気ですでに4万名以上の方が利用しているローンですからね。
会社をやっていると何かとお金のかかることが多いと思いますが、このビジネクストのカードを作っておけばもしもの時も安心です。最大で1,000万円もの資金を無担保・無保証で利用することができますからね。
≫ビジネクストの申し込み(クリック)

 

 

専業主婦の方

 

専業主婦の方でも借り入れを利用したいという人は多くいます。主婦の方が家計を預かっているという方も多いでしょうから、その中からやりくりするのってかなり大変ですからね。

 

今は景気が良くなりつつあるとかって言われていますが、言っているだけで給料もほとんど上がっていないという仮定のほうが多いですから。しかも消費税まで上がってしまいましたもんね。

 

そんな専業主婦の方がお金を借りる場合は、銀行が発売しているカードローンを利用するといいです。消費者金融では専業主婦の方の場合借り入れできませ・・・。

 

総量規制というのが導入されたことにより専業主婦の方が消費者金融からお金は借りれなくなったんですよね。でも、総量規制は銀行には適用されないから銀行カードローンなら専業主婦の方でも借りれるというわけです。

 

上記で紹介しているカードローンですと、みずほ銀行やイオン銀行が専業主婦の方でも借り入れできるようになっていますよ。

 

 

借入とは?

 

「借入」とは一言で言ったら「お金を借りる事」。

 

親や友人からお金を借りる事ももしかしたら借入というのかもしれませんが、一般的には、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる、つまり、融資を受ける事を「借入」と呼びます。

 

借入する男性

以前は「借金」などと呼ばれていてかなりマイナスなイメージも強かった借入ですが、最近では消費者金融のイメージもグッと良くなりましたし、誰でも気軽に借りやすくなっているので、金融機関から融資を受ける事に対して抵抗を持つ人もそれほど多くはなくなってきたようですね。

 

借入にもいろいろな種類がありますが、個人が金融機関から融資を受ける場合には、大半が「小口融資」という少額の借入に分類されるものが多いようです。

 

たとえばクレジットカードやキャッシュカードのようなカードを使って必要な時にいつでも融資を受ける事が出来るカードローンなどは、借りやすくて返済もしやすいので若者にも人気があります。

 

提携している銀行や消費者金融のATMを使って現金を引き出せるだけでなく、コンビニに設置されているATMなども使えたりする場合も多いので、ますます利用しやすくなっているようですね。

 

借入にはいろいろな借り方があります。以前は窓口に足を運んで借りるという方法が一般的でしたが、最近ではネットで簡単に借りる事ができたりして、他人に知られたくない場合にも気軽に利用できるようになっているようです。

 

もちろん窓口でも借りる事は出来ますが、消費者金融の中にはスタッフも利用者も女性オンリーという店舗を構えたりして、「借入」に抵抗なく利用しやすい環境を作る工夫もしているようです。